• ホーム
  • 洗濯コラム一覧
  • 洗濯洗剤に関する豆知識 | 低刺激の洗濯洗剤をお探しならbH laundry.~洗剤選びで気をつけたい刺激について~

一覧に戻る

洗濯洗剤に関する豆知識

低刺激の洗濯洗剤をお探しならbH laundry.~洗剤選びで気をつけたい刺激について~

肌がデリケートな方ほどこだわりたい洗剤選び

肌がデリケートな方ほど、洗剤選びにはこだわりたいものです。しかし、低刺激の洗濯洗剤=洗浄力が弱いというイメージが多く、低刺激でありながら洗浄力が強い洗濯洗剤をお探しの方もいらっしゃるでしょう。

こちらでは、洗濯洗剤に含まれている成分や刺激についてご紹介いたします。bH laundry.は、低刺激で人にも環境にも優しい洗濯洗剤です。

合成界面活性剤とは?

洗濯洗剤に含まれる合成界面活性剤とは?

近年、洗濯洗剤に含まれている「合成界面活性剤」という成分が注目されています。

そもそも合成界面活性剤とは、本来であれば混ざり合うことのない水と油を混ぜることができる成分です。洗濯洗剤をはじめ、食器用洗剤や手洗い石けんなど、様々なものに配合されています。

特に、洗濯洗剤においては、皮脂汚れなどを落とすために欠かせない成分なのです。肌への影響を心配している方もいらっしゃいますが、適切な配合量できちんとすすぎを行えば、肌トラブルを引き起こすことはないと言われています。

刺激の強い洗剤を使い続けることで起こり得るトラブルと対処法

洗濯洗剤を変えて肌への刺激が気になった経験はありませんか?肌の弱い方が刺激の強い洗濯洗剤を使い続けていると、トラブルが起こる可能性もあります。できるだけ低刺激性の洗濯洗剤を選び、しっかりとすすぎを行うことが大切です。

また、洗剤の溶け残りが洗濯機に残ったままだとカビの発生にも繋がるため、定期的に洗濯機の内部を掃除しましょう。入浴後は保湿をするなどして、刺激を受けにくい肌環境を作ることも有効です。

低刺激の洗濯洗剤を選んだほうが良い人とは

低刺激の洗濯洗剤を選んだほうが良い人とは

同じ洗濯洗剤を使っていても、洗剤の影響を受けてしまう方とそうでない方がいらっしゃいます。健やかなお肌を維持するためにも、以下に当てはまる方は低刺激の洗濯洗剤を選ぶようにしましょう。
・肌が弱い方
・バリア機能が低下している方
・敏感肌の方
・赤ちゃんがいる方
・ご年配の方がいる方

一覧に戻る

クリーニングのプロも認めた新発想洗剤bH laundry.は、独自の「電解クリーニングテクノロジー」により、汚れと繊維の間に働くイオン結合をなくして、汚れを剥がす洗浄力と消臭力に自信のある洗剤です。香料・酵素・蛍光増白剤・漂白剤不使用の成分にこだわった家庭用中性洗剤なので、お子様がいらっしゃるご家庭や肌への負担が気になる方も安心してお使いいただけます。

衣類の黄ばみ・黒ずみ、汗ジミはもちろん、食べこぼしのシミ、機械油汚れ、化粧品汚れ、部屋干し臭、加齢臭などでお困りの方も、ぜひbH laundry.をご利用ください。

プロ品質の洗浄力に
「かんたん」と「やさしさ」を

bH laundry.は香料・酵素・抗菌剤・漂白剤・蛍光増白剤不使用で無添加のお肌にやさしい中性洗剤です。今までにない洗浄力と肌へのやさしさが認められ、クリーニング店、皮膚科、美容室、エステなどでプロの方にご愛用いただいております。

1本で一般洗剤の7本分
約280回(約9ヶ月)使えます※1
※1 2.0kgの洗濯物を毎日1回洗った場合を想定

¥1,834(税抜)

品名洗濯用合成洗剤「bH laundry.」
用途綿・麻・合成繊維・毛・絹
液性中性
香り無香料
正味量32 fl oz<946ml>
成分界面活性剤 22.1% (Alcohols C9-11 ethoxylate・Alcohols C6-12 ethoxylate・ラウレス硫酸ナトリウム)
ph調整剤、<酵素無配合・蛍光増白剤無配合・漂白剤無配合>