コンテンツ

正しく知ろう!界面活性剤の基礎知識

洗濯洗剤を選ぶ際、界面活性剤の存在が気になる方も多いでしょう。中には、界面活性剤無配合の洗剤を選びたいという方もいらっしゃいますが、繊維に入り込んだ皮脂汚れなどをしっかりと落とすには必要な成分です。

界面活性剤の働きをしっかりと理解して、安心して使える洗濯洗剤を選びましょう。成分にこだわったウルトラホワイトホームプラスは、肌と環境に優しい洗濯洗剤です。一般家庭はもちろん、クリーニング店や医療施設などでもご愛用いただいています。

界面活性剤とは

界面活性剤とは

界面活性剤=肌によくないというイメージもありますが、食器用洗剤や化粧品などにも入っているごく身近な成分です。さらに身近な例で言えば、石鹸やシャンプーも界面活性剤の一つです。“界面”とは表面を指し、本来混ざり合うことがない水と油が界面で混ざり合うようにするものです。

水だけでは落とせない油性の成分が落ちるよう、様々なものに配合されています。大豆サポニンや卵黄に含まれているレシチンなどは天然の界面活性剤で、マヨネーズがキレイに混ざっているのは、レシチンが働いているからです。

天然界面活性剤と合成界面活性剤の違い

天然界面活性剤と合成界面活性剤の違い

天然の素材を利用したもの(化学合成していないもの)が天然界面活性剤、人工的に生まれた(化学合成によって作られた)界面活性剤を合成界面活性剤と言います。

合成界面活性剤は約2000種類あり、その中には、人の健康や生物の生態系に影響を与える有害な化学物質として指定されているものもあります。そのため、どうしてもすべての合成界面活性剤=悪い影響を与えると捉えられがちなのです。

注意が必要なのは、「天然由来」などの表記がある洗剤でも、合成界面活性剤を利用していることもあるということです。ラウリル硫酸ナトリウム、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムなどの表記があれば、合成界面活性剤を利用している合成洗剤となります。

また、石鹸も界面活性剤の一つですが、同じ“石鹸”として扱っているものでも、成分表示部分に「石鹸」と表記されていないものは基本的に合成界面活性剤を利用した「合成洗剤」となります。

界面活性剤と並んで注目されている洗剤成分「酵素」「蛍光増白剤」「漂白剤」

洗濯洗剤には、界面活性剤の他にも様々な成分が配合されています。その中でも、酵素や蛍光増白剤、漂白剤は、注目度の高い成分です。

酵素

洗濯洗剤の洗浄力を高める酵素は、近年配合率が高くなっています。一口に酵素と言っても、たんぱく質分解酵素、脂肪分解酵素、でんぷん分解酵素など様々です。ただし汚れの種類と洗剤に配合されている酵素の種類がマッチしないと、汚れがキレイに落ちない場合があります。

蛍光増白剤

紫外線を吸収して青白い光(蛍光色)に変えることで、白く見せる効果がある洗剤成分です。淡い色や濃い色の衣類を洗濯すると、白っぽく変色したり色ムラになったりすることがあるため注意しましょう。また、衣類に付着した蛍光増白剤が肌を刺激するおそれがあるため、肌の弱い方にはおすすめできません。

漂白剤

環境に優しい洗濯洗剤を探している方が気にする漂白剤は、汚れや色素を科学的に分解する働きがあります。多くの洗濯洗剤に配合されていますが、色柄ものへの使用には注意しましょう。また、頻繁に使用したり使用量が多かったりすると生地が傷んでしまうことがあるので、使い過ぎにも注意が必要です。

ウルトラホワイトホームプラスは、肌と環境に優しい洗濯洗剤です。「電解クリーニングテクノロジー」で汚れを剥がす、独自のテクノロジーを採用しています。刺激の強い助剤などを使って、汚れを分解する洗剤とは異なる独自洗浄技術だからこそ、洗浄力を損なうことなく、肌への優しさもプラスすることができました。

肌に優しいながらも、水溶性・油性・不溶性の汚れにも優れた効果を発揮しますので、食べこぼしや泥汚れの洗濯物が多くなりがちなお子様がいるご家庭でも安心してお使いいただけます。毎日のお洗濯でお使いいただける、うれしい価格も実現していますので、ぜひウルトラホワイトホームプラスを取り入れてください。

環境に優しい洗濯洗剤ウルトラホワイトホームプラス

会社名 株式会社ベストハウス
運営責任者 江口 款
代表者 與語 多佳等
住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目19−1
TEL 03-6432-5799
FAX 03-6432-5798
メールアドレス info@ultrahomecare.net
URL https://www.ultrahomecare.net/