コンテンツ

洗濯洗剤は種類によって用途が異なる?

様々な種類の洗剤が販売されていて、正直どの洗剤が良いのかわからない…という方もいらっしゃることでしょう。形状によって使いやすさに違いはありますが、配合されている成分も異なります。用途やライフスタイルに合わせて洗剤の種類を選ぶのも良いでしょう。

洗剤の種類によって異なる特徴

洗剤の種類によって異なる特徴

洗剤にも液体・粉末・固形・ジェルと様々な種類がありますが、その種類によってそれぞれ特徴が異なります。これらを上手く活用してすることで、洗濯がより快適になります。

使いやすい「液体洗剤」

洗濯洗剤として最もポピュラーな液体洗剤は、使いやすさに優れています。すすぎが1回で済むものも多く、節水・時短に効果的です。

一般的な「粉末洗剤」

液体の次に一般的なのが、粉末洗剤です。液体洗剤よりも水に溶けにくいという点で扱いづらいと感じている方もいらっしゃいますが、粉末洗剤は弱アルカリ性なので皮脂汚れなどの頑固な汚れも落ちやすいというメリットがあります。しかし、洗浄力が強いため、デリケートな衣類には不向きです。さらに、計量中に洗剤がこぼれて洗濯機の周りが粉末洗剤で汚れてしまうこともあります。

活用する方が減った「固形石鹸」

近年活用する方が少なくなっている固形石鹸は、手洗いでの利用となります。油汚れやたんぱく汚れに強く、襟や袖口などの部分洗いをしたい際に便利です。

新世代の「ジェルボール型洗剤」

近年増えているのが、液体でも固形でもないジェルボール型洗剤です。洗剤を量る必要がなく、こぼしたり分量を間違えたりすることがありません。手軽で便利なジェルボール型洗剤ですが、沢山の洗濯物を洗うときも、少量の洗濯物を洗うときも同量の洗剤を使用するため、少ない洗濯物を洗うときには洗剤代が割高になってしまいます。また、少量の洗濯物を洗う場合は、すすぎの水も少なくなるため洗濯物への洗剤残りが気になります。

機能性が高くなっている洗濯洗剤

機能性が高くなっている洗濯洗剤

どの種類の洗剤も、質や機能性は高くなっています。柔軟剤入りの洗剤や溶け残りしにくい粉末洗剤、洗浄力の高い液体洗剤など、従来のマイナス点を改善している洗剤が多いため、洗剤選びに苦労している方もいらっしゃいます。

しかし、家族構成やライフスタイル、好みのお洋服によって洗剤に対するニーズは異なるため、自身のニーズに合った洗濯洗剤を選ぶことが大切です。

洗濯洗剤を使い分けることも一つの手段ですが、洗濯機のまわりがごちゃごちゃしてしまうため、すべてのニーズに対応できる洗濯洗剤を選びましょう。

ウルトラホワイトホームプラスは、強い洗浄力が自慢の液体洗剤です。

一般的に、液体洗剤は中性が多く洗浄力が弱いと思われがちですが、独自の洗浄技術により弱点をカバーして、頑固な汚れにも対応しつつ肌にも優しい洗濯洗剤へと仕上げました。新発想のプッシュ式計量なので、洗濯物の量に合わせて洗剤の量も調整でき、とても経済的です。

もちろん、おしゃれ着やデリケート素材のお洋服、色柄物にも安心してお使いいただけて、柔軟剤の併用もOKです。頑固な汚れが気になる衣類にもお使いください。

頑固な汚れに洗濯洗剤ウルトラホワイトホームプラス!

会社名 株式会社ベストハウス
運営責任者 江口 款
代表者 與語 多佳等
住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目19−1
TEL 03-6432-5799
FAX 03-6432-5798
メールアドレス info@ultrahomecare.net
URL https://www.ultrahomecare.net/