コンテンツ

知っておくと便利!頑固な泥汚れの落とし方

頑固な泥汚れの洗濯でお困りの方は多いでしょう。漂白剤による浸け置きや手洗いをするのが一般的ですが、時間や手間がかかるだけでなく、生地のダメージや手荒れも気になります。頑固な泥汚れを効果的に落とすためにも、正しい手順で洗濯をしましょう。

頑固な泥汚れの落とし方

頑固な泥汚れの落とし方

1.泥を乾かす

泥汚れはその日のうちに洗うのが一番です。しかし、すぐ水に濡らす=泥が落ちるではありません。繊維に入り込んでしまった泥を出すためにも、まずは服についた泥を乾かしましょう。

2.叩いて落とす

泥が乾いたら、表面についた泥を叩いて落とします。ゴシゴシと繊維を動かしてしまうと、泥の粒子が繊維を奥まで入り込んでしまうため、あくまで叩いて表面の泥を落とすようにしてください。

3.ブラシを使って繊維に入り込んだ泥を落とす

表面についた泥がある程度落ちたら、次はブラシを使って奥に入り込んだ粒子をかきだします。生地を裏側から支えて、乾いた歯ブラシなどで優しくかきだすイメージです。強く動かしたり、硬いブラシでこすったりすると、服がダメージを受けてしまうため注意しましょう。

4.浸け置き

3までの工程を終えたら、やっと浸け置きに入ります。泥汚れの箇所がしっかりと浸かるくらいの大きさの桶などに、適量の洗剤を溶かしたぬるま湯を用意してください。

その際、通常の洗濯洗剤でも問題ありませんが、泥汚れ用洗剤だとさらに良いでしょう。30分くらい浸け置きをしたら、泥汚れ部分を優しくもみ洗いして、繊維に入り込んだ泥の粒子を洗い流します。

5.いよいよ洗濯機へ

もみ洗いを終えたら、洗濯機へ入れて通常通りに洗濯をしてください。まだ汚れが気になる場合は、部分洗い用洗剤をつけて洗濯すると良いでしょう。

泥汚れを落とすコツ

泥汚れを落とすコツ

時間を置かない

泥汚れは、数時間・数日経過するごとに定着していきます。その日の汚れはその日のうちに落とすことを意識することが大切です。泥を乾かしてから浸け置きするまでに少し時間はかかりますが、それ以上の時間を置かないようにしましょう。

一般的な洗濯洗剤より泥汚れに特化した洗濯洗剤を使う

通常の洗濯洗剤でも問題はありませんが、できれば泥汚れに特化した洗濯洗剤を使うのがおすすめです。泥汚れに特化した洗剤が手元にない場合は、固形石鹸で代用することもできます。

ゴシゴシ

泥汚れ=ゴシゴシ洗うというイメージがありますが、力を入れてゴシゴシ洗うと、どうしても泥の粒子が繊維の奥へと入り込んでしまいます。あくまで泥をかきだすイメージで優しくお手入れを行うのがポイントです。

毎日泥や砂で汚れた洋服を手洗いして大変だという方は、ぜひウルトラホワイトホームプラスをご利用ください。泥汚れを落とすには手間がかかりますが、「汚れと繊維の間に引き合う力をなくす」ことに特化した洗剤であるウルトラホワイトホームプラスなら、簡単に落とせます。

水溶性・油性・不溶性の汚れにも優れた効果を発揮しますので、ウルトラホワイトホームプラス1本でどのような洋服も洗濯できます。さらに、おしゃれ着洗いとしても使用できるほど衣類に優しい洗剤なので、衣類のダメージを気にすることなく汚れを落とせます。

落ちにくい泥汚れを落とすなら洗濯洗剤ウルトラホワイトホームプラス

会社名 株式会社ベストハウス
運営責任者 江口 款
代表者 與語 多佳等
住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目19−1
TEL 03-6432-5799
FAX 03-6432-5798
メールアドレス info@ultrahomecare.net
URL https://www.ultrahomecare.net/