コンテンツ

なかなか落ちない泥汚れ!その理由とは?

お子様の靴下や作業着、ユニフォームなどの泥汚れでお悩みのご家庭は多いでしょう。泥汚れの落とし方として、漂白剤による浸け置き・ゴシゴシと手洗いをする方法などがありますが、それを毎日続けていると、生地が傷んでしまうだけでなく、手が荒れてしまうこともあります。

また、泥汚れは放置するとどんどん落ちにくくなってしまうため、その日のうちに適切な方法で汚れを落とすことが大切です。

泥汚れが落ちにくい理由

泥汚れが落ちにくい理由

泥汚れは、非常に小さい砂や泥の粒子が服の繊維に入り込むことで起こります。さらに、泥汚れは食品汚れとは異なり、水にも油にも溶けない不溶性の汚れなので、水温や洗濯洗剤の量にかかわらず、通常の洗濯では落ちにくいのが特徴です。

砂のみの場合は叩くことである程度落ちますが、泥の場合は繊維の奥深くまで入り込むため落としづらくなります。繊維に入り込んだ砂や泥をしっかりと落とすことが大切になってきます。

しかし、普通の洗濯では繊維の奥にある泥の粒子まで落としきることは難しく、汚れが定着してしまうことが多いのです。漂白剤を使って一見キレイに見える服も、実は繊維の奥には泥の粒子が残っていて、時間の経過と共に変色する可能性もあります。

放置するほど落ちにくくなる泥汚れ

汚れの範囲が小さい場合や、シミが薄い場合は放置してしまいがちです。しかし、「これくらいなら…」と対処せずにいると、どんどん落ちづらくなってしまいます。

泥汚れは、放置すれば放置するほど汚れが定着してしまい、シミとして残ってしまうのです。普通の洗濯では落ちないため、漂白剤を使った浸け置きや手洗いが必要となります。

汗をかいている場合にはより落ちにくい?

通常の泥汚れだけでも落ちにくいですが、泥は汗と混ざり合うことでさらに落としにくくなってしまいます。汗や皮脂の成分は水に溶けにくい油とたんぱく質で構成されていて、空気に触れることで酸化して、分子同士の結びつきがより強くなります。そこに泥汚れが混ざると、通常の洗濯では落ちづらくなってしまうのです。

泥汚れを落とす際の注意点

泥汚れを落とす際の注意点

頑固な泥汚れを落とすために、漂白剤の使用や手洗いをする方が多いでしょう。もちろん、漂白剤によって“白さ”を取り戻すことはできますが、実は漂白剤を使用しすぎると生地本来の色素が失われるということはご存知でしょうか?

また、手洗いの場合は、生地同士を擦り合わせることで繊維がダメージを受けて、生地が傷んでしまうのです。生地本来の色を失ったり、繊維を傷めてしまわないためにも、正しい手順で泥を落とすことが大切です。

ウルトラホワイトホームプラスは、独自の「電解クリーニングテクノロジー」により、汚れと繊維の間に働くイオン結合をなくして汚れを剥がします。そのため、繊維に入り込んだ砂や泥の汚れも簡単に落とせるのです。

さらに、生地を傷めないので、消耗が早いお子様の靴下や作業着、ユニフォームなども長く使用することができます。通常、液体洗剤や粉洗剤、漂白剤と使い分けることが多いですが、ウルトラホワイトホームプラスなら1本ですべての役割をこなします。洗濯機のまわりをスッキリさせたい、1つの洗濯洗剤で汚れを落としたいとお考えでしたら、ぜひご活用ください。

落ちにくい泥汚れを落とすなら洗濯洗剤ウルトラホワイトホームプラス

会社名 株式会社ベストハウス
運営責任者 江口 款
代表者 與語 多佳等
住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目19−1
TEL 03-6432-5799
FAX 03-6432-5798
メールアドレス info@ultrahomecare.net
URL https://www.ultrahomecare.net/